歯を失ってしまった

  • TOP
  • 歯を失ってしまった

患者様に合った治療法をご提案・ご提供します

患者様に合った治療法をご提案・ご提供します

歯を失ってしまったら、できるだけ早く歯科医院での治療を受けるのが大切です。そのまま放置すると、まわりの歯が動き、咬み合わせのバランスがくずれ、全身のバランスにも影響を与えてしまいます。治療方法にはいくつかの選択肢がありますので、患者様に合う方法を選んでください。府中駅から徒歩1分の歯医者「府中エンライトデンタルクリニック」では、患者様のお話をじっくり伺い、お口の状況や歯を失った原因をふまえて、患者様に最善の治療法をご提供します。

失った歯を補うために

失った歯を補う方法はおもに3種類です。取り外し可能な「入れ歯治療」、となりの歯に装着する「ブリッジ治療」、人工歯根を埋め込む「インプラント治療」が挙げられます。それぞれに特徴があり、異なったメリット・デメリットがありますので、患者様に合った治療法を選ぶことが大切です。

インプラント・入れ歯・ブリッジ治療の比較

※表は左右にスクロールして確認することができます。

インプラント 入れ歯 ブリッジ
インプラント 入れ歯 ブリッジ
対応本数 1本から全顎まで 1本から全顎まで 1本から数本まで
咬み心地 ほとんど違和感がない 違和感がある あまり違和感がない
咬む力 自分の歯のように強く咬める あまり大きな力をかけられない 自分の歯のような力で咬める
見た目 天然歯のように仕上げられる 入れ歯の種類によっては、見た目が不自然 セラミック製の素材を使えば自然に見える
治療期間 比較的長期間 比較的短期間 比較的短期間
費用 自費診療なので比較的高額 保険診療ならば比較的安価 保険診療を選択すれば比較的安価

インプラント治療

インプラント治療

失った歯があった部位の顎の骨に、外科手術で人工歯根(インプラント)を埋め込んで支台にし、セラミック製の被せ物や特殊な入れ歯を装着して歯の機能を回復するのが「インプラント治療」です。チタン製のインプラントが顎の骨としっかり結合すると、自分の歯のような感覚で食べ物を咬めます。また、となりの歯を削ったり、バネをかけたりせず、人工歯が自立しているため、まわりの歯に負担をかけません。

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療

インプラント治療では精密診断が欠かせません。当院では、歯科用CTを活用した精密検査によって口腔内の詳細データを取得します。データ画像をご覧いただきながらの説明になるため、患者様にとっても分かりやすいのが特徴です。

歯科医療の進歩にともない、さまざまなインプラントが開発されているため、お口の状況に合う種類のインプラントが選べます。もしもインプラント治療をするのに顎の骨が不足している場合には、再生療法を行いながらの治療となります。もちろん事前にしっかりとご説明をいたしますので、訳も分からないまま治療が始まることはありません。

インプラント治療の種類
1回法

1回法

インプラントを埋める外科手術を1回だけ行う方法です。インプラントの一部または上部構造を粘膜の上に露出させた状態で一定の保定期間をもち、インプラントが顎の骨に結合するのを待ちます。インプラントが安定したのを確認したら、上部構造を作製し、取りつけます。

2回法

2回法

2回法は、外科手術を2回行う方法です。1回目の手術でインプラントを顎の骨に埋め込み、その上を歯肉で覆います。保定期間ののち、インプラントが顎の骨に結合したら、ふたたび歯ぐきを切開し、インプラントの上部構造(被せ物との結合部位)を装着。歯ぐきが治癒してから被せ物などを作製し、これを装着します。

GBR法

GBR法

インプラントを埋め込むための顎の骨の量、高さや幅が足りない場合は、骨の量を増やす療法を行います。方法は、必要な部位にメンブレンという骨の再生を促す特殊な膜を使って、骨の量を増やすというもの。インプラント治療の前に行う場合と、インプラント埋入と同時に行う場合があります。

ピエゾサージェリーの使用

ピエゾサージェリーの使用

ピエゾサージェリーとは、手術器具のことです。三次元超音波振動を利用して、顎の骨を削る際の長さや深さを正確にコントロールできるほか、神経や血管などの軟組織を傷つけずに骨を削れます。インプラント治療以外にも、歯周外科や骨移植など、さまざまな場面で活躍する器具です。

入れ歯治療

入れ歯治療

入れ歯治療は、失った多くの歯を補うためのもっともポピュラーな治療法です。失った歯の本数にかかわらず、お口の状態に合わせてオーダーメイドで作製します。一方で、入れ歯には「外れやすい」「よく咬めない」などのイメージを抱く人が多いかもしれません。しかし、お口にぴったり合い、咬み合わせが整っている入れ歯であれば、快適な使用ができるでしょう。また、入れ歯の素材や種類によっては、見た目も自然に仕上げることもできます。

当院の入れ歯治療

入れ歯の種類はさまざまです。それぞれに特徴があるため、患者様に合う入れ歯を選ぶのが大切。患者様のご要望を伺い、こちら側が複数の選択肢をご提示したうえで選んでいただきます。新規で作るだけでなく、現在お使いの入れ歯に不具合がある方も、お気軽にご相談ください。

金属床義歯

金属床義歯

歯ぐきに密着する部分を金属で作製する入れ歯です。金属は薄くて丈夫なうえ、食べ物の温度が伝わりやすいので味覚を助けてくれます。

ブリッジ治療

ブリッジ治療

失った歯の両隣の歯を削って支台にして、橋(ブリッジ)のように連結した人工歯を装着することで歯の機能を補う治療方法です。取り外しがないうえ、天然歯と似ている形状なのでほとんど違和感がありません。セラミック製などの素材でつくれば、より自然な見た目となり、治療したことに気づかれにくいのがメリットです。ただし、天然歯を削らなければならず、咬むたびに負担がかかるのは避けられません。そのため、支台にした歯の寿命までも縮めてしまう可能性があります。

当院のブリッジ治療

当院のブリッジ治療

歯を失った場合、まずブリッジ治療を行い、失った歯の本数が増えたときは入れ歯治療をし、最終的にインプラント治療へ移っていくのが、これまでの基本でした。しかし、ブリッジ治療の技術の向上にともない、大きく削ることなく治療ができるケースも出てきています。

ほかにも、詳細な精密検査を行ったうえで、入れ歯治療からブリッジ治療に変更することが可能になってきているなど、ブリッジ治療は進化を遂げている治療方法です。口腔内の状況に合わせて治療方法を変更したほうが快適に過ごせる可能性はあるため、お口まわりの不具合がある方は、まずはお気軽にご相談ください。